So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ヴァイオリン弾きの松脂話 [音楽]

数年前に弓の毛替えをしてもらった店主に

音色(音質)を変えたい時に最も手っ取り

早い方法は、松脂だよ。と教えてもらった。

お恥ずかしい話だが、長年ヴァイオリンを

弾いてきてそれまで松脂にこだわったこと

が無かった。

硬め、柔らかめ、さらっとタイプ、しっと

りタイプ、粒子細かめ、粗め等々…

松脂によって音も弾き心地も変わる。中々

松脂を弾き比べる機会がないけれども、お

陰でこんなに増えてしまった。松脂はすぐ

に減るものでもないのに…

2018-05-27T10:34:17.jpg

音は温度、湿度、空間、自分の体調などか

ら日々変わるが、その時々に合わせて松脂

を変えたり、混ぜてみたりするのも楽しい。

楽器のキャラクター、張る弦、弓、毛替え

そして松脂。楽器の出音を左右する要素も

様々。楽器は頻繁に取り換える訳にはいか

ないけれど、弦や松脂は嵌ると止まらなく

なるのでご注意を!(笑)

2018-05-27T10:34:17.jpg 2018-05-27T10:34:17.jpg

最近購入したPETZ Vienna's Best

しっとり滑らか系でギラつきを抑えた音に

なる。


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 1

中家万美

こんにちは。松脂1つと思いますが、意外や意外そんなに重要な役割してたんですね。(^^)やっぱり素人には、凄いと思います。この前もめちゃくちゃいい音でした。どうなんでしょう?(^^)いつもお話楽しみにしてます。またお邪魔させていただきます。
by 中家万美 (2018-05-27 16:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。